タヒチ旅行のおすすめ日程は4泊6日? いやいやそれはもったいないよ

 

地上の楽園タヒチ。

そんな言葉を聞いても行ったことのない人には、わからないのかもしれません。

なのでもう一度言います。

 

タヒチは地上の楽園。

 

覚えてくれましたか?

タヒチは地上の楽園なのです(3回目)

そんなタヒチに旅行に行けるあなた。

本当に幸せ者です。

 

さて、そんなタヒチ旅行。

ほとんどの人が、4泊6日で訪れるそうです。

でも、それは正解なのでしょうか?

f:id:fjftr710:20210203144012j:plain

4泊6日だと離島滞在がたったの3泊

タヒチへの直行便が少ないので、タヒチ旅行はどこの旅行会社で申し込んでも、99パーセント、4泊6日か、6泊8日の旅行になります。

そして、最終泊はパペーテになります。

なぜならタヒチから日本への帰国便が早朝に出るからです。

 

なので、4泊6日の旅行だと、離島滞在は3泊になります。

いっぽうで、6泊8日の旅行だと、離島滞在は5泊になります。

 

3泊と5泊の差は大きいです。

3泊だと、離島で1日ゆったりできるのは実質2日だけです。

1日目は到着日で疲れていますし、最終日(4日目)は昼には離島を離れなければならないからです。

 

いっぽうで、5泊なら、島でゆったりできるのは4日になります。

4日あれば、離島リゾートを満喫できますよ。

島でゆったりリゾート気分を味わいたいのなら、絶対に6泊8日にすべきです。

 

タヒチ旅行は飛行機が高い

タヒチの水上コテージって憧れですよね。

自分もほんと泊まって良かったと思っています。

でも、お高いんでしょ?

そう思いますよね。

 

だいたい1室2名で1泊10万円弱します。

これを安いとかんじるか高いと感じるかは人それぞれだと思います。

が、自分はこれって意外と安いなと思っています。

 

というのも、もうタヒチ旅行のパンフレットを見ている人ならわかると思いますが、タヒチ旅行って1人あたり40万円とか50万円とか60万円とかしますよね。

6泊8日の旅行で、1泊あたり一人5万円かかる場合、宿泊代は30万円ですよね。

仮に旅費が60万円だとすると、30万円は飛行機代・旅行会社の手数料ということになります。

 

何が言いたいかって言うと、要するにタヒチ旅行は飛行機代が高いんです。

理由は「エアタヒチヌイ」という航空会社が独占しているから。

 

まあそれはしょうがないんでしょうけど、4泊6日を6泊8日に代えても、旅費は10万円しか変わらないんですよ。

でも離島でゆっくりできる時間は2日から4日に増える。

だから6泊8日がおススメなんです。

 

パペーテ2泊? そんなのやめときな

最後の日は飛行機のフライトの関係でパペーテに泊まらなければなりません。

で、旅行会社でときどき見かけるのはパペーテ2泊っていうプラン。

ちょっと値段が安くなるし、離島だけだと飽きそうだから良さそうと思ってません?

 

パペーテ2泊なんて絶対やめた方がいいですよ。

 

タヒチは離島がすべてです。

残念ながらタヒチ本島には魅力はありません。

ルロットとか、半日で十分回れますから。

 

自分はボラボラ島からタヒチ島に戻ってきて、すさまじく現実に引き戻されたかんじがしてがっかりしました。

それくらいボラボラ島の魔力はハンパないのです。

まちがっても、安さにつられてパペーテ2泊なんてしないでくださいね。