おっさんズらいふ

平日19時定期更新。書きたいこと書いてます、なんでも。

【徹底詳説】レターパック プラス(赤)・ライト(青)・簡易書留のちがい

f:id:fjftr710:20210208225140j:plain

ちょっと大事な物を送るとき、レターパックや簡易書留は便利ですよね。

でも、レターパックって青と赤の2種類あるし、簡易書留とはどう違うのか?

実はそれぞれ違った特徴があるのですが、よく分からずに使っていませんか?

レターパック赤・青・簡易書留のちがいについて調べてみました。

ちがいを簡単に確認したい方は、目次最後の「レターパック赤・青・簡易書留のちがいまとめ」をクリックしてください。

 

レターパック赤・青・簡易書留の違い

レターパックの赤いものの正式名称はレターパックプラス。

レターパックの青いものの正式名称はレターパックライトと言います。

レターパックは簡易書留ともよく似ているので、比較してみることにしました。

 

料金の違い

レターパック赤(レターパックプラス)は1枚520円となっています。

レターパック青(レターパックライト)は1枚370円。

レターパック赤(レターパックプラス)はレターパック青(レターパックライト)に比べると150円ほど高くなっています。

 

簡易書留と比べた場合、定型外規格内(コンビニ等で売っているA4サイズ大の封筒)で100g以内であれば簡易書留の方が安いです。

 

お届けスピードの違い

レターパック赤(レターパックプラス)は速達並の早さで届けてくれます。

 

たとえば、1日の午後に東京から鹿児島への郵便を出した場合、レターパック赤(レターパックプラス)は翌日の午後には届けてくれます。

レターパック青(レターパックライト)もほぼレターパック赤(レターパックプラス)並みの早さで届けてくれます。

 

レターパックも書留も、日曜日や祝日も配達しくれます。

 

簡易書留の場合、配達速度は普通郵便と同じです。

普通郵便の場合は上記の例で言うと翌々日の到着になります。

 

追跡サービスの有無

レターパック赤(レターパックプラス)や簡易書留の場合は、手元に追跡番号を控えておくことで、インターネットなどから配達状況を確認することが出来ます。

郵便物の配達も対面の手渡しで届けてくれるので、郵便物が届かなかったり、分からなくなったりするリスクは極めて低いでしょう。

 

レターパック青(レターパックライト)の場合も追跡サービスがありますが、配達はポストに投函することになるので、郵便物紛失のリスクは小さいけれどもあります。

 

厚さ制限

レターパック赤(レターパックプラス)は、厚さ制限がありません。

3cm以上になるとポストに入らなくなりますが、電話をすれば集荷してくれます。(レターパックプラスの裏面に小さく書いてあります。集荷方法については後述)

 

レターパック青(レターパックライト)の厚さは3cmまでです。

 

簡易書留の場合は、普通郵便に準じます。

普通郵便は最大で、縦60cmで、「横+厚さ」が30cm以内と決まっています。

 

重量制限あり(4㎏まで)

レターパック赤(レターパックプラス)には重量制限があります。

4㎏が最大です。

レターパック青(レターパックライト)も簡易書留も同じです。

実は、郵便物は4㎏が最大重量になります。

 

補償の有無

レターパック赤(レターパックプラス)・レターパック青(レターパックライト)には実損(無くなったり壊れたり)が発生しても補償はありません。

簡易書留であれば実損5万円までが補償されます。

高価なものを送りたいのですが、万一の場合の補償はありますか? - 日本郵便

 

郵便窓口かポストに投函か

レターパック赤(レターパックプラス)、レターパック青(レターパックライト)はポストに投函することが出来ます。

簡易書留は郵便窓口に出向く必要があります。

レターパックがポストに入らなかった場合の対処法は、以下のリンクをご参照下さい。

これで解決!レターパックが郵便ポストに入らなかった時の対処法 - おっさんズらいふ

 

 

レターパック赤・青・簡易書留の知っとく情報

レターパック赤・青・簡易書留のおトクな情報をまとめました。

知ってるようで知らない郵便知識をどうぞ。

レターパック赤(レターパックプラス)は集荷してもらえる

レターパック赤(レターパックプラス)は集荷してもらえます。

電話・ネット・LINEの3つの方法があります。

 

電話:0800-0800-111

ネット:Web集荷サービス

LINE:LINEで郵便局 | 日本郵便株式会社

 

簡易書留は返信用封筒でも使える

企業などから切手添付不要の返信用封筒が送られてきた時に、普通郵便でなく簡易書留で送りたいばあいは、返信用封筒を郵便局窓口に持っていき「簡易書留にしたい」と伝えれば、普通郵便の料金を負担せずに簡易書留扱いとすることが出来ます。

 

レターパックは金券ショップで買うと安い

レターパックは金券ショップで購入することが出来ます。

1枚当たり10円~20円程度安くなります。

会社などで大量に使う場合は、金券ショップでまとめ買いすると経費節減になります。

レターパックの一番簡単で楽な開け方 - おっさんズらいふ

レターパックは再利用できる? できない? - おっさんズらいふ

 

レターパック赤・青・簡易書留のちがいまとめ

レターパック赤(レターパックプラス)、レターパック青(レターパックライト)、簡易書留の違いを表にまとめてみました。

なお、レターパック赤・青・簡易書留とも、日曜日や祝日にも配達されます。

  レターパック赤 レターパック青 簡易書留
料金 520円 370円 普通郵便料金+320円
配達速度 速達並み 速達並み 普通郵便並
追跡 追跡可能(手渡) 追跡可能(ポスト) 追跡可能(手渡)
厚さ制限 無し 3㎝ 横+厚さが30cm以内
重量制限 4㎏ 4㎏ 4㎏
補償有無 無し 無し 5万円まで
依頼方法 ポストか郵便窓口 ポストか郵便窓口 郵便窓口のみ