おっさんズらいふ

まったり更新 大人の休日ブログ 資産運用からアニメまで幅広く書いてます

入院時の暇つぶし おすすめは何?

入院中って暇です。

でも入院中って疲れてもいるから、暇つぶしだったら何でもいいわけじゃないんです。

先日約1週間入院してきたので、入院してるときにおすすめの暇つぶしについてまとめてみました。

入院時の暇つぶしは、これがおすすめです。

 

 

入院中は疲れてることを前提に

入院中の暇つぶしには自分の好きなことをすればいいから、趣味三昧してればいいや。

そう思う方も多いかもしれません。

ですが、実際に入院して分かったのですが、「入院している=体調が悪い」わけですから、自分が好きだから・・だけで決めてしまうのは良くないと思います。

じっさい、私は将棋が趣味なので、将棋ウォーズを1日中やってようかと思っていましたが、全然やりませんでした。

だって、体調悪いときに将棋みたいな頭使うことやってられないです。

しんどいです。

だから、体調も考慮して入院中に楽しめるものとなると、できることは限られてくるんですよね。

というわけで、今回はじっさいに入院してみた私が、入院時にお勧めする暇つぶしについておすすめ順に書いていたいと思います。

 

第1位:マンガを読む

一番のおすすめは漫画を読むです。

マンガはねえ、疲れてても楽に読めちゃうんですよね。

読み終わりたいところで読み終われますしね。

結局私は入院中ずっとマンガ読んでました。

Kindleで買って読み、読み終わったら買い・・ってしてました。

今考えたらツタヤのレンタルとかを使った方が安かったなと反省してます。

 

第2位:動画を見る

考えずに済むという点ではおすすめ2位。

ただし、言葉や音声を聞き取るっていうのも疲れた身には案外大変なんですよね。

病室ではイヤホンもしなきゃならんですし。

スマホの画面だと見にくかったりもしますしね。

映画とかだと1話2時間くらいしますけど、そこまでの集中力を維持するのが入院中だと結構大変です。

 

第3位:本を読む

この辺からだんだん考えなきゃならないんですよね。

本を読むって想像以上につかれる行為なんだなって入院中に気づきました。

書いてあることを理解していくってのが大変なんですよ。

この点、絵が描いてあるマンガとの違いがよくわかります。

自分は信長公記を読もうとしましたが、足利義昭上洛のところで疲れてしまいました。

 

第4位:ゲームをする

近年ボケ防止にもなると言われるようになったゲーム。

そりゃそうですよ、ボケ防止になりますよ、だって疲れるもん、頭が。

正直入院中の疲れてる状態でできるもんじゃあない。

それがゲーム。

はじめに言いましたが、自分は将棋三昧をしようとして早々に諦めました。

だって考えるの大変なんだもん。

将棋だけじゃないです。

ゲームって基本考えないとクリアできないんですよ。

だからボケ防止になるんですよ。

ゲームしたら頭が悪くなるなんて言われてましたが、絶対にそんなことない。

ゲームしたら頭は良くなります。

でも、入院中の暇つぶしにできるもんでもないと思いました。

 

それ以外はどうなのか?

たとえば数独とかどうなのかと聞かれれば、答えはNOかなあ。

頭を使うやつとか鉛筆使うやつとか、そういうのはほんとしんどいしめんどくさいのでNGだと思います。

ぬりえなんかも向いてないと思います。

検査入院とかで手術とかしないなら、それほど疲れてない状態だと思うのでアリだと思いますが。