おっさんズらいふ

Blog Blogger Bloggest:ぼっちおじさんがFIREをめざします

名古屋市で引越の段ボールを捨てるのは超大問題になっちゃう件

f:id:fjftr710:20220410201909j:plain地方に来るといろいろと東京と違ったことってありますよね。

同じ日本だけど、こうもいろいろと違うものなのか・・。

正直驚くことって多いです。

名古屋に単身赴任になって知ったこと。

それは、段ボール回収についての一大問題でした。

 

 

名古屋市は段ボールを回収してくれない

名古屋市に引越をして驚いたこと。

それは段ボール回収をしてくれないこと。

もう一度言います。

名古屋市は段ボールを回収してくれません。

東京なら週に1回出せたのに。。

Amazonとか楽天とかオイシックスとかがめちゃくちゃ使いにくいやないのさ。

単身赴任の都市部に住んでる車持ってない人に超厳しい社会です。

ちなみにいうと、燃えるゴミも週2回しか回収してくれません。

東京都の格差社会を感じます。

 

段ボールは自分で回収先に持ち込みが必要

じゃあ名古屋市民はどうしてるのかというと、段ボールを自分で回収先に持ち込んでいるみたいなんですね。

同じ日本なのに、なんたることだ・・

ちなみに持ち込み先も種類がいくつかあって、よそから来た人には非常に分かりにくい仕様になっています。

このあたりが名古屋が排他的と言われる理由かもしれません。

 

古紙リサイクルステーション

古紙リサイクルステーションは名古屋市内で曜日・日時限定で開かれる回収場所です。

月に1回とかいう鬼仕様だったりします。

専業主婦家庭しか使えなくない?

ふつうの一般人を完全に無視してない?

そう言いたくなります。

名古屋市:リサイクルステーション・古紙リサイクルセンター(暮らしの情報)

 

古紙リサイクルセンター

わりと平日だけじゃなく土日なんかもやってくれる系の回収場所です。

24時間回収してくれるところもあります。

けっこう便利です。

でも、そもそも存在しない区もあります。

なんということでしょう。

名古屋市:リサイクルステーション・古紙リサイクルセンター(暮らしの情報)

 

段ボール回収の業者を呼ぶという選択も

自分は結局これに行きつきました。

いろいろ考えたんです。

タクシー呼ぶとかレンタカーで運ぶとか・・

引越の時に大量にアマゾンでいろんなものを買いそろえたので、とてもじゃないが人力なんかじゃ運べない。

1枚や2枚ならともかく、引越の時のだから20枚以上は存在する。

しかもタクシーとかで行って万が一開いてなかったら丸損じゃないですか。

時間も体力も奪われるし。。

というわけで5,000円で回収してくれる業者を探して、そこに回収をお願いすることにしました。

段ボールを捨てるだけで5,000円。

東京に戻りたいとマジで思いましたね。

自分がお願いしたのは以下の業者さん。

www.fuyouhinkaisyuu-sunny.com

電話1本で対応してくれたのですごく助かりました。

日時を指定して、その時間に来てもらうだけ。

担当の方が来る前に電話をくれたのでスムーズでしたね。

費用は消費税込みで5,500円で、回収してもらったその場でお支払いでした。