床暖房を後から設置しようとすると後悔しかない理由

 

新築時に床暖房をつけるかどうかで迷っている方。

けっこう多いと思います。

ネットで調べようと思っても、床暖房についてはネットでも様々な情報が出回っているんで、よけい迷いますよね。

でも、迷っているなら間違いなく最初から設置した方が良いですよ。

なぜなら床暖房を後から設置しようとすると後悔するからです。

f:id:fjftr710:20201129195439j:plain

断熱の良い家は床暖房がいらない?

よくネットで見かける「断熱性能」というやつ。

たしかに断熱性能の高さは重要です。

断熱性能が高ければ夏涼しく、冬温かく過ごせる。

それは正しいです。

 

ただし冷暖房は必要です。

断熱性能の高い家が、冷房も暖房も入れずにひとりでに涼しくなったり温かくなるわけではありません。

断熱性能は言わば魔法瓶のようなものです。

ふつうの水筒より魔法瓶の水筒。

魔法瓶の水筒でもサーモスの方が断熱性能が高い。

しかし、もともと生ぬるい水を入れていたのでは断熱性能の意味はありません。

 

ネットの記事のなかには断熱性能があれば冷暖房設備はなんでもよいと書いてあるものもありますが、断熱性能の高い家でも冷暖房は重要です。

高性能の冷暖房を入れた方が快適に過ごせるのです。

床暖房は暖房器具の中でも大変優れたものです。

床暖房があればエアコンいらないっていうのはウソ?ホント? - おっさんズらいふ

 

床暖房は新築時に設置した方が圧倒的に安い

床暖房は新築時に設置した方が圧倒的に安くなります。

リフォーム時に設置しようとすると、(温水式の場合)床を剥がし、床暖房を設置し、床を再度貼りなおさなければなりません。

 

私の調べたところによると、新築時の床暖房の設置費用は100,000円~600,000円、リフォーム時の設置費用は650,000円~1,100,000円。

おおまかに500,000円ほど費用が高くなるようです。

施工の手間を考えれば妥当でしょう。

 

床暖房の運転には月5,000円から10,000円ほどかかりますが、500,000円というと50カ月~100ヵ月分にあたります。

運転費用が高いからと躊躇して、結局あとでリフォームしようとしたら大損なのです。

床暖房で後悔!? 理由は設置費と運転費用!? - おっさんズらいふ