おっさんズらいふ

平日19時定期更新。書きたいこと書いてます、なんでも。

注文住宅をうらやましいと思うなら注文住宅を買うべき理由

f:id:fjftr710:20210113215450j:plain

家を買うときに悩むこと。

一戸建てが良いかマンションが良いか、一戸建てにするなら建売住宅にするか注文住宅にするか・・

 

自分は注文住宅に住んでます。

毎日快適に暮らしてます。

うらやましいですか?

うらやましいでしょ?

 

今うらやましいと思ってしまったあなた。

もし、注文住宅がうらやましいなら注文住宅を買うべきです。


購入価格が安いから生涯コストが安い訳ではないから

建売住宅は購入価格が安いです。

建物にもよりますが、一般的にうられている建売の建物は1,000万円くらいから。

それに対して注文住宅は2,000万円、3,000万円と言った費用がかかりますから、短銃に2倍・3倍値段が違うことになります。

圧倒的に購入価格が安い建売住宅。

でも、だからといって建売住宅の方が生涯コストが安いとは限らないのです。

 

メンテナンスコストが違う

家を建てて暮らしていると、だんだんと古くなってきます。

古くなって老朽化してくるので、メンテナンスが必要になります。

メンテナンスにはお金がかかります。

 

一般的なお家のばあい、30年間のメンテナンスコストは約800万円と言われています。

対する注文住宅の我が家は、30年間で約220万円。

なんでこんなに違うのかと言えば、部材とか工法の「差」みたいなんですね。

 

素人目には分からないですが、全然違うらしいです。

もちろん自分もさっぱりわかってなかったです。

特に新築時は建売住宅も注文住宅も外観も内装もきれいなので違いが分かりません。

でも、1年経つとだんだんと違いが出てきます。

自分みたいな素人にも分かるようになります。

 

というのも、自分の家とほぼ同じ時期に建築された建売住宅があって、その家の近くをよくとおるのですが、なんだかちょっと汚れてきたような気がするんですよね。

他人の家に対して失礼ですが。

でも、自分の家はなんともないのになあ・・そんなふうに思うようになります。

 

生活費のコストが違う

生活費のコストも違ってきます。

というのも、断熱性能やいろいろな設備のグレードがちがうからです。

 

実は、自分の場合、賃貸マンションに住んでいた時と、現在の注文住宅に住んでいる時の光熱費はほぼ同じ金額で平均すると月10,000円です。

家の大きさは1.5倍になったにもかかわらずです。

 

ふつうに考えれば、家の大きさが1.5倍になれば、光熱費も1.5倍になるはず。

断熱性のや設備のグレードが賃貸住宅とそんなに差がない建売住宅を購入していれば、そうなっていたでしょう。

注文住宅と建売住宅で毎月5,000円の差がついているので、年間6万円、30年で180万円の差が発生することになります。

 

30年で760万円コストの差、では50年なら?

30年経つと760万円のメンテナンス・光熱費コストの差が出てくることをご説明しました。

じゃあ、50年経つとどうなるのでしょうか?

50年経つと1,260万円の差が生まれます。

場合によっては注文住宅の方が安いということもあり得るのです。

だったら注文住宅を購入した方が良いと思いませんか?

 

どんな仕事人間でも人生の半分以上は家にいるから

そして、自分がもう一つ注文住宅をおススメする理由。

それは、どんな人間でも人生の半分以上は家にいるからです。

 

たとえば、30歳で注文住宅を購入するとします。

60歳から80歳はほぼ家で過ごすことになります。

30歳から60歳の間は毎日働いているとしても、1日8時間は睡眠のために家にいるでしょう。

そうすると、毎日それだけ働きまくるような仕事人間でも、50年の人生の内、30年は家にいることになります。

 

流浪の旅をしているような人でない限り、ほとんどすべての人は一生の半分以上は家で過ごすのです。

だったら自分が後悔しない、「良い」と思うものを購入すべきではないでしょうか?