おっさんズらいふ

平日19時定期更新。書きたいこと書いてます、なんでも。

転職エージェントなんて信用できない?転職成功のカギは誰にある?

f:id:fjftr710:20210706224628j:plain

転職エージェントなんて信用できないですか?

自分もそう思います( ´∀` )

 

自分は二度転職活動をし、二回とも転職エージェントを使ってみましたが、正直イマイチだなあ、ぶっちゃけ信用できないなあっていうのが感想でした。

一度目の転職の際は失敗して転職せず(元の職場でそのまま働き続けた)、二度目の転職の際はエージェントも利用したけど、結局「転職サイト」で探した企業に応募して転職しました。

 

でも、世の中には転職エージェントを使って転職していく人もいるわけで・・。

転職してからだいぶ経って、なぜ僕が転職エージェントと相性が悪かったか分かるようになってきました。

今回は自分の経験を基に、なぜ転職エージェントが信用できなく感じてしまうのかについて書いていこうと思います。

 

転職エージェントのお仕事

転職エージェントのお仕事は、自社にエントリーしてきた転職希望者に企業を紹介し、紹介した企業に転職希望者が転職すれば、企業からエージェントに報酬が支払われるという仕組みになっています。

ここで気が付いた人もいると思いますが、要は「営業職」なのです。

 

なので、転職エージェントにとっては、あなたという存在は、企業に売り込みやすければ安いほど良い存在で、そうでなければ放っておくべき存在ということになります。

なぜなら、転職できなさそうな人をいくら一生懸命支援したところで、一文の得にもならないからです。

 

転職エージェントはキャリアアップ転職には向いている

転職エージェントを利用した転職は、「キャリアアップ転職」には向いています。

転職エージェントに報酬を支払ってでも採用者を探したいわけですから、企業は「即戦力」を求めているからです。

「即戦力」、すなわち他社で同じ仕事をしていた人を求めているのです。

つまり、「同業他社に行きたい」と考えている転職希望者が、エージェントにとっては良い転職希望者と言えます。

 

転職エージェントはジョブチェンジには向かない

上記のようなキャリアアップ型転職には転職エージェントはある程度有効ですが、営業職から経理職への鞍替えのような、ジョブチェンジ型の転職には向いていません。

なぜなら、ジョブチェンジ型の転職だと、エージェントを利用している企業が希望する「即戦力」型の人材とはみなされにくいからです。

たとえば、今まで営業職をしていた人が経理職に転職したい場合、即戦力とは考えてもらいにくいですよね。

そうなると企業としてはどうしても採用に二の足を踏むことになります。

 

転職エージェントはあなたを安売りするだけ

僕は過去に二度転職活動をした経験があるのですが、二度とも営業から経理事務への転職を希望していました。

そうすると露骨に紹介先がイマイチのところが多くなるんですよね( ´∀` )

なぜならエージェントは受かりそうもないような企業は紹介しないから。

 

つまり「安売り」されてるんですよね。

一応ホームページではあなたの強みを探しますとか、もっともらしいコト書いてありますが、全然そんなことはなかったです。

そりゃそうだよね。

一回面接しただけの人の強みを即座に見抜くとか、そんなん無理に決まってるから。

それで、強みなんて分かってないから、結局安売りしてなんとか売り込めそうなランクダウン転職を勧めてくるわけです。

そうすると、「転職エージェントなんて信用ならねえなあ」っていう結論が出てくるわけですね。

 

ジョブチェンジ型転職は自分で探せ 

ジョブチェンジ型転職をする場合には、自分で転職先を探すのがベターです。

なぜなら転職エージェントを頼ってもロクな案件を紹介されないからです。

 

自分の特技は自分にしか分からない

そもそも、自分の特技は自分にしか分かりません。

自分の経験を詳細に漏らさず知っているのは自分だけです。

転職をする際には、自分の経験・特技についてもらさず把握することが重要です。

その中に、転職の際に活かせる武器が存在している可能性があるからです。

転職エージェントに見つけてもらおうなんて安易なことは考えず、自分で棚卸しをしましょう。

 

自分の特技を活かせる仕事を探せ

自分の特技を活かせる仕事を探すと転職活動はうまく行きます。

具体的に言うと、気になる会社が見つかったら、転職サイトに載っている「転職者の声」「働いている人の声」っていうところを探して読みます。

ここに掲載されている人と同等かそれ以上のキャリアや経験を保有しているなら、その企業に合格する可能性は高くなります。

既に当該企業が既に採用しているのですから、同じような人がくればまた採用する可能性が高いです。

また、そこに書いてある言葉に共感できるなら、自分と価値観が合っている人たちが働いている、働きやすい職場である可能性も高いです。

 

自分の価値を高めれば仕事は見つかる

最後になりますが、転職したいと思うなら一番大事なのは自己研鑽です。

エージェントが信用できる奴だろうが何だろうが、というかそもそもエージェントなんて利用しなくても、自己研鑽がしっかりできていれば、それなりの求人は存在するのが今の日本の現状だと思います。

なので、転職したいと思い立ったがなかなか出来ない場合、転職エージェントに頼って何とかしてもらおうとするんじゃなくて、まずは自己研鑽して、自分の市場価値を高めることが重要ではないでしょうか。