おっさんズらいふ

平日19時定期更新。書きたいこと書いてます、なんでも。

株が怖いのは当たり前!

f:id:fjftr710:20210922153325j:plain

株を今から始めようとする人ならみんな、株が怖いって感情を抱くことはあるでしょう。

自分は株をはじめてから20年以上になりますが、今となっては株に対する恐怖っていうのはまったくないです。

正直生活の一部ってかんじ。

株価が上がろうが下がろうが暴落しようが、それはもういつものこと、当然のこと、気にする必要もないこと、になっています。

でも、日本では金融教育がしっかりなされていないこともあり、株をはじめる前にはどうしても恐怖が付きまとうと思います。

 

 

株が怖いのは当然 未知の物への恐怖

株式投資に対して、怖いという感情を抱くのは、人として普通のことだと思います。

自分もはじめて株をはじめた時はおっかなびっくりって感じでした。

そもそも株というものが何者なのか、経験がないのでまったく分からないので、不安に感じるのは仕方のない事です。

株式投資の経験がない人にとって、株っていうのは宇宙人と同じです。

 

株のうわさはけっこうヤバいのが多い

おまけに株をやったら破産するとか、連帯保証人と相場には手を出すなとか、そういった類の話って巷にあふれまくっているわけです。

だいたいそういうのは、株をやって損をした人が振りまくわけですが、基本的に、損をしたっていう噂話の方が、得をしたっていう噂話よりも面白おかしく広まりやすいです。

そうすると、株のうわさは良くない話の方が多くなる。

ほとんどの人は株をやったことがないので、真偽不明のまま噂話は広がっていくことになります。

 

株は怖くない

自分はもう20年近く株式投資をしているので、株が怖いと思うことはなくなりました。

株に関してだいたいのことは分かっているので、怖いと思う要素がないのです。

株について分かっていると、手を出して良いところ、手を出してはいけないところが分かっています。

だからそこを避けているので、怖い要素がないのです。

 

無くなっても良い金額ではじめるのが大事

かといって、株で損をしないというわけではありません。

個人的には、投資は無くなっても良い金額ではじめるのが大事だと思っています。

ビタ一文無くなったら嫌だと思うのであれば、大人しく銀行預金をしておくのが良いでしょう。

しかし、お金の使い方でもっとも損をするのはケチって安物を買ってしまうことです。

お金を失いたくないあまり、投資をせず、機会を逃してしまうのはもったいないコトでもあります。

少額でも良いので資産運用にチャレンジし、慣れてくれば株に対する恐怖も無くなってくるはずです。