おっさんズらいふ

平日19時定期更新。書きたいこと書いてます、なんでも。

レターパックは再利用できる? できない?

f:id:fjftr710:20210208225140j:plain

レターパックって再利用できるのでしょうか?

消印が押してあるけど、切手を貼れば再利用できるのか?

書き損じや破れてしまったけれども再利用できるのか?

レターパックについてのあれこれ、調べてみました。

 

レターパックが再利用できない場合

一度ポストに投函されて配達されたレターパックは利用できません。

一度配達されたレターパックを再利用しようとするのは、消印の押された切手で郵便物を出そうとするのと同じです。

具体的には、以下のような場合です。

 

一度届いたレターパック

どこかから一度届いたレターパックは、当然ながら再利用することができません。

一度届いたレターパックは、消印が金額のところに押印されます。

消印が押されることで、郵便局側で一度使用されたことが分かるようになっています。

 

ちなみに切手を改めて貼っても使えません。

配達の記録が2重になってしまうので、その点からもレターパックは再利用できなくなっています。

 

郵便戻りのレターパック

郵便戻りのレターパックも再利用することができません。

悔しいと思いますが、宛名を間違えてしまった自分のせいなので仕方ないですね(;^_^A

一度届けられたレターパックと同じで、金額のところに消印が押されてしまうので使うことができません。

切手を貼っても使えない点も、通常に配達されたレターパックと同じです。

 

レターパックが再利用できる場合

一方で、レターパックが再利用できる場合もあります。

一度配達されたレターパックは利用できませんが、逆に言うと、配達されていないレターパックは利用することができます。

 

書き損じや破れたレターパック

書き損じをしてしまったレターパックは、書き直しをして送付することができます。

修正液などで書き損じのところを消したりするのがイヤな人は、郵便局で手数料42円を支払えば新しいレターパックに交換もしてくれます。

郵便局での交換は、料額印面(金額の印字されているところ)が破れていなければ応じてくれます。

 

古いレターパック

消費税増税前のレターパックは、金額が現在のものより安いので、そのままでは利用できません。

※2021年現在、レターパックプラスは520円、レターパックライトは370円※

使用するには不足分の切手を料額印面の下のところに添付すればOKです。

古いレターパックを郵便局に持っていくと、手数料42円と不足金額分を支払えば、新しいレターパックに交換してくれます。

 

サクッと分かる!レターパック赤・青・簡易書留のちがい - おっさんズらいふ