おっさんズらいふ

平日19時定期更新。書きたいこと書いてます、なんでも。

鬼怒川温泉駅ぶらり散歩旅。「鬼怒楯岩大吊橋」と「バウムクーヘン工房はちや」がおススメ

f:id:fjftr710:20200830171046j:plain

鬼怒川温泉駅で列車を待つまでまだもうちょっと時間がある・・。

そんな時は駅周辺をぶらぶらするのもよいかもしれません。

自分がおススメする、鬼怒川温泉駅から徒歩圏内のスポットは2つ。

「鬼怒楯岩大吊橋」と「バウムクーヘン工房はちや」です。

 

■鬼怒楯岩大吊橋

鬼怒楯岩大吊橋は鬼怒川に架けられた吊橋で、長さは140mほどあります。

吊橋の中間から眺める景色は絶景で、手軽に鬼怒川の自然をかんじられるスポットです。

 

鬼怒楯岩大吊橋へのアクセス

鬼怒楯岩大吊橋へは、徒歩でも車でも行けます。

自分は夏場に歩いていきましたが、けっこう汗だくになってしまいました。

歩いていくと途中でセブンイレブンがあります。

平日だと楯岩大吊橋の付近にお店が開いてないので、先にセブンイレブンでドリンクなどをを購入しといた方が良いかもしれません。

 

徒歩でのアクセス

鬼怒川温泉駅から徒歩15分ほどで到着です。

鬼怒川温泉は残念ながら温泉街といったかんじの道がなく、普通の田舎の道を歩いていくかんじになります。

 

車でのアクセス

駐車場があるので車でも行けます。

f:id:fjftr710:20200830180750j:plain

岩楯大吊橋の魅力

鬼怒川温泉の魅力と言えば、自然の雄大な景色だと思います。

温泉街すら見当たらない鬼怒川温泉ですが、自然だけはどこにも負けないすばらしさがあります。

f:id:fjftr710:20200830171644j:plain

雄大な景色が手軽に楽しめる

40mの高さから、鬼怒川ならではの雄大な景色が手軽に楽しめます。

かなり遠くの方まで見通せます。

エメラルドグリーンの流れと白い岩肌、青い空と緑の森が綺麗です。

自分はここに来ると鬼怒川温泉に来たな~っていう気になります。

f:id:fjftr710:20200830171755j:plain

f:id:fjftr710:20200830171857j:plain

吊橋ならではの揺れと高さ

岩楯大吊橋はけっこう揺れます。

40mの高さとあいまってけっこうなスリルがあります。

このスリルが無料で味わえるのはおトクかも。

 

今回すごいガタイの良いお兄ちゃんが彼女と一緒に来ていて、

「怖いわ~」と

ガタイの良いお兄ちゃんが言っていて吹き出しそうになりました。

 

高所恐怖症にガタイは関係ないんですね。

え? 自分? 自分は高所恐怖症です。

 

■バウムクーヘン工房はちや

鬼怒川温泉駅の目の前にあるバウムクーヘン工房はちやは、一般的に売られているバームクーヘンではなく、バウムクーヘンが買えるお店です。

f:id:fjftr710:20200830171254j:plain

バウムクーヘン工房はちやへのアクセス

鬼怒川温泉駅徒歩1分です。

駅のほんとうに目の前にあるので、鬼怒川駅から帰る前にぜひ立ち寄ってください。

魅力

ただのお土産屋さんではない、ぶっちゃけ鬼怒川に似つかわしくない気品あふれるお店です。

せっかく鬼怒川に来たならぜひ立ち寄ってほしいですね。

 

バームクーヘンではないバウムクーヘン

バームクーヘンとバウムクーヘンは別物だってご存知でしたか?

自分はマツコの知らない世界で知りました。

バウムクーヘンと認められるにはきちんと製法を守って作らないといけません。

市販のバームクーヘンとは違う本物の味です。

f:id:fjftr710:20200830171503j:plain

製造工程を見られる

そして、厳格な手順を守って作られている本物のバウムクーヘンの製造工程を、こちらでは窓越しに見ることができます。

バウムクーヘンは一本一本て焼きで焼いていかないといけないらしいので大変ですね。

f:id:fjftr710:20200830171542j:plain