おっさんズらいふ

Blog Blogger Bloggest:ぼっちおじさんがFIREをめざします

単身赴任にベッドは不要か必要か?

f:id:fjftr710:20220323203227j:plain単身赴任をすると、いろいろと費用がかさみますよね。

できるだけ安く済ませようとすると、買うか買うまいか迷い始めるのがベッドではないでしょうか。

安いものでも1万円~なベッドの購入は、お金がないサラリーマンにとって、なかなかの悩みどころですよね。

 

 

布団にカビが生えるからベッドは買った方が良い

単身赴任にもいろいろと種類があって、短期的なものから長期的なものまでいろいろありますよね。

短期的なものであれば、生活家財道具一式をたくさん買いそろえるのはもったいないような気がします。

できれば少ない家財道具で乗り切りたい。

ベッドなんてなくてもよいんじゃないか。

そう思う方も多いかと思います。

 

でも、これは自分の体験なんですが、布団は引きっぱなしだと一週間程度でカビが生えることがあります。

ほんとにあっという間にかびてしまい、捨てるのも一苦労。

そして新しい布団を購入しなければならなくなる。

 

ベッドを買わない。

そんな風にベッド代をケチったがために布団にカビが生えてしまう可能性はけっして低くありません。

単身赴任をすれば分かりますが、毎日布団の上げ下ろしをするって結構面倒くさいんです。

 

通気性の良いすのこベッドがおすすめ

ベッドといっても色々ありますが、安くて機能性が良いのは「すのこベッド」です。

簡単にセッティングできて、安く購入することができて、カビを防ぐ効果が大きいからです。

単身赴任者がベッドを購入する必要性が高いのは、とにかくカビを防ぐことです。

カビを防げることを一番に考えたら、すのこベッドが一番おススメのベッドと言えるでしょう。

 

スペースの有効活用もできる

ベッドを置くとベッドの下のスペースも有効活用ができます。

一人暮らしの単身赴任用マンションは、とにかく狭いことが多いです。

部屋を広く使いたいなら、空間をうまく利用することが大事ですよね。

ベッドの下の空間を収納スペースを使うことで、部屋を広く利用することができるようになります。