おっさんズらいふ

書きたいことなんでも書いてます

侠飯直伝 もやしが主役「優作鍋」

f:id:fjftr710:20210526222807j:plain

やる気はないけどおいしい飯が食べたい。

そんな時に活躍するのが「優作鍋」

俳優の松田優作が好んで食べたことからこの名前が付いたそうですが、名前負けしないうまさ&手軽さ&安さ。

「侠飯」でレシピを知ってからたびたび作っている我が家の定番レシピです。

 

作り方

①もやし(2袋)を洗い、(できれば)ひげ根を取る。

②鍋に日本酒を入れる

③もやしを入れる

f:id:fjftr710:20210526222825j:plain

④豚バラ肉(350g)を並べる

⑤ネギを散らす

f:id:fjftr710:20210526222855j:plain

⑥蓋をして火にかける

 

ひげ根を取らなければ、だいたい10分くらいで出来ます。

死ぬほど簡単です。

カップラーメンを作るのと同じくらいの簡単さです。

 

びっくりするほどモヤシがうまい

もやしが主役級に大変身する料理です。

 

豚バラ肉でモヤシを包んで、ポン酢につけて食べるとたまりません。

豚バラの旨味がモヤシにしみこんでます。

もやしのシャキシャキ感が味わえます。

 

今回使ったもやしは1袋30円。

2袋で60円。

豚バラが350gで600円くらいなので、660円で2人前が完成です。

もやしは安くて助かる節約食材ですが、主役級にするにはなかなか難しい食材ですが、「優作鍋」ならその真価を存分に発揮してくれます。

 

柳刃さんから〆のお言葉

f:id:fjftr710:20210526231556j:plain

▲「侠飯」第4巻より

「お前(もやし)の本当の姿になんて誰も興味はない。会社は与えられた役割をえんじるところだ」