住宅ローンが払えないならどうすべき? 知恵袋は教えてくれないホントの話

 

住宅ローンが払えなくなったらなんて、考えるだけで恐ろしいですよね。

でも、なにかの不運に見舞われれば、住宅ローンが払えなくなってしまうことも十分考えられます。

そんなことは想像したくないけど、そうなってしまったらどうすればいいのか?

今回は、元銀行員で住宅ローンを担当していた自分が、住宅ローンが実際に返せなくなってしまったらどうしたらいいのかについてお教えします。

f:id:fjftr710:20210307112132j:plain

住宅ローンが払えないならすぐに銀行に相談すること

住宅ローンが払えなくなったら銀行にすぐに相談し返済猶予を申し出てください。

銀行は返済計画の見直しをしてくれることがほとんどです。

たとえば、「元本の支払いを猶予して、利息の支払いのみにしてくれる」「返済期間を延ばして毎月の返済額をけいげんしてくれる」などの対応をしてくれます。

 

その代わり、返済計画を見直せば本当に払えるのかを確認するために、非常に根ほり葉ほり聞かれることになりますし、生活費の削減を求められることになります。

このあたりは返済猶予を求めている以上仕方がありません。

 

テレビドラマの影響で、半沢直樹の大和田常務のような銀行員に一括返済を求められるのではないかと思っている人がいるかもしれませんが、銀行も、「返せない人」へ取り立てを行うことはありません。

そんなことをしても銀行にトクはないからです。

 

銀行にとっての最悪のシナリオは、「取立される」⇒「消費者金融や闇金で借りる」⇒「自己破産」というパターンです。

そんなことになってしまうと住宅ローンを回収できなくなってしまうので銀行としてもできるだけ避けたいのです。

 

相談してもダメなら任意売却

銀行に相談に行って、返済条件を見直してもらっても返せないとなったら、任意売却という形で自宅を売却することになります。

任意売却というのは不動産会社を通じて自宅を売却することであり、一般的な不動産売買と変わりません。

任意売却の良いところは、競売とくらべると比較的有利な金額(=市場実勢相場)で自宅を売却することができることです。

そのため住宅ローンを完済できる可能性が高くなります。

 

任意売却も出来ないなら競売

任意売却もできなければ、競売という話になります。

競売というのは簡単に言えば裁判所が家の所有権を取り上げて、強制的に自宅を売却してしまうということです。

確実に売却できるというメリットもありますが、競売にかけられたことはいろいろなところから周囲にバレてしまうという点や、任意売却よりも不利な金額で売却されてしまうというデメリットもあります。

返済条件の変更もできない、任意売却もできない場合の最後の手段となります。

ここまで陥ってしまわないように、最低でも任意売却で何とかなるようにしたいところです。

 

早く手を打てば選択肢は多い

住宅ローンを返せる目途が立たなくなったら、お先真っ暗で何も考えられなくなる人も多いかもしれません。

しかし、はじめの一歩を少しでも早く打てば、選択肢が広がり、結果的に有利な条件で話を進めていくことができます。

 

銀行への相談は早いタイミングの方が銀行もいろいろな条件を提示できますし、任意売却になった場合でも、まだ手元に少しでも貯えがあるうちであれば、余裕をもって売却にのぞむことが出来ます。

 

一番いけないのは、いつまでも銀行に相談せず、消費者金融や闇金に手を出し、その金で銀行に返済するというような自転車操業をはじめてしまうことです。

解決にならないどころかかえって借金を増やしてしまい、後々の選択肢を狭め、競売からの自己破産という結果になってしまいます。