おっさんズらいふ

平日19時定期更新。書きたいこと書いてます、なんでも。

住宅ローン

住宅ローンで頭金なしフルローンが無謀なのはなぜ?

住宅ローンを組むときに、よく言われるのが「フルローンで住宅ローンを組むのは無謀」というもの。 なぜ住宅ローンをフルローンで組んでしまうのは無謀なのか、考えてみました。 フルローンが無謀なのではない 毎月貯金が出来てない=無計画 住宅ローン以外…

住宅ローンをあえて元金均等返済にして実感したメリット

住宅ローンの返済方法には、元利均等返済と元金均等返済がありますが、我が家は元金均等返済返済を選びました。 自分は銀行員時代に住宅ローンの担当もしていましたが、その時からずっと決めていたのは、住宅ローンを返済するようになったら「元金均等返済に…

住宅ローンをうっかり延滞するとどうなるの? 意外と知らない住宅ローンのルール

住宅ローンをうっかり延滞してしまった。 そんな経験がある人はいますか? 住宅ローンの延滞はさまざまなデメリットがあるので、たとえうっかりでも延滞しないように対策をきちんとしておくことをおススメします。 今回は、うっかり延滞してしまったらどうな…

住宅ローンをなんとかなるで借りちゃダメ

住宅ローンはなんとかなるもんだって思ってませんか? たしかに、なんとかなる人も多いです。 でも、住宅ローンの返済がなんとかなると思って借りて、なんともならなかった人も多いです。 そう、住宅ローンはなんとかなるで借入しちゃダメなのです。 50人…

住宅ローンはプレッシャー? 家を買って1年経ちました

家を購入してから1年が経ちました。 購入にあたっては住宅ローンを組みました。 住宅ローンをこれから組もうと思っている人には、住宅ローンはプレッシャーになるんじゃないかと思っている人もいるかと思います。 じつは自分は住宅ローンをプレッシャーに感…

住宅ローン返済中に旦那が死んだらどうなるの?

「あなた、死なないで! まだローンが32年残ってるのよ」 クレヨンしんちゃんの家族が東京ドームに野球観戦に行って、ひろし(しんちゃんのパパ)がホームランボールの直撃を頭に食らった時にみさえ(しんちゃんのママ)が発するセリフですね。 のっけからマ…

住宅ローンについて勉強するにはどうしたらいいのか

住宅ローンは金利や各種条件によって返済額が大きく変わってきてしまうものです。 金利が0.1%ちがうだけでも、総返済額は100万円単位でちがってくることも。 だからこそ慎重に選びたい住宅ローン。 でも、住宅ローンについて勉強するにはどうしたらいいので…

住宅ローンを申し込むときに貯金額を聞かれる理由は?

住宅ローンの審査を申し込む時に聞かれる「貯金額」 わざわざ口頭で聞いてくることは少ないかもしれませんが、住宅ローンの申込書にはしっかりと金融機関名と貯金額を書く欄が設けられています。 いったいなぜ銀行は貯金額を聞いて来るのか・・ これで審査に…

ポイント大量ゲット?住宅ローンをクレジットカード払いできる?

住宅ローンをクレジットカードで支払えたらいいなと思ったことはありませんか? 住宅ローンをクレジットカードで支払うことが出来たら、毎月の支払いでポイントがもらえてすっごくオトクですよね。 はたして、そんなオトクな話はあるのでしょうか? 住宅ロー…

住宅ローンが払えないならどうすべき? 知恵袋は教えてくれないホントの話

住宅ローンが払えなくなったらなんて、考えるだけで恐ろしいですよね。 でも、なにかの不運に見舞われれば、住宅ローンが払えなくなってしまうことも十分考えられます。 そんなことは想像したくないけど、そうなってしまったらどうすればいいのか? 今回は、…

住宅ローンの審査中に転職したらばれる? どうしても転職したいならどうすべき?

住宅ローンの借入審査をしているときにどうしても転職したくなった。 そんな人もいるでしょう。 自分も転職した口なので、その辺の気持ち、よく分かります。 でも、住宅ローン審査中の転職は絶対避けなければなりません。 住宅ローンの審査中に転職するとば…

サラリーマンが住宅ローン控除で確定申告する際に書類をスムーズに集める方法

サラリーマンにとっては、確定申告って、あんまり馴染みが無いですよね。 自分はサラリーマンでありながら、実は毎年確定申告をしているので、すごい馴染みがあるのですが、たぶんそういうのは珍しい部類なんだと思います。 ほとんどの人は確定申告する機会…

元銀行住宅ローン担当の自分が、住宅ローン借入時にチェックしたポイントは?

自分は、銀行で住宅ローン担当をしていました。 よほどのお金持ちでもなければ、たいていの方は家を買うときに住宅ローンを組みます。 住宅ローンでどのくらいの借入をするとよいのかということは、家を買う際に一つの目安になるので、非常に重要なことです…